2007年05月25日

基底細胞癌

皮膚がんの種類のひとつ、基底細胞癌について考えてみましょう、
何か難しそうな名前ですね。もっと分かりやすい名前に出来なかったのでしょうか?

皮膚ガンの基底細胞癌は皮膚の表面から発生する病変の組織型らしいです。
悪性度は低いですが、でも悪性腫瘍すなわちがんなんですね。

皮膚ガンは普通の病変と見分けが付きにくい場合もあるようです。

皮膚がんのなかでも発生度が一番高いのがこの基底細胞癌なんですね。
基底細胞癌は転移は少なく、良性腫瘍と考える医者もいるようです。

この基底細胞癌はメラノサイトからメラニンを受け取る性質があるところから、表面は黒くなるそうです。ほくろのような?

基底細胞癌がよくできるところは鼻らしいですよ。
黒いほくろのようなものが鼻に出来るとびっくりしますよね。

これをよく、皮膚がんの別の種類、悪性黒色腫と間違えるらしいです。
顔の中でも一番気になるところですから。

皮膚がんが顔に出来た場合の治療には特別神経を使いますね。
下手にいじって、顔に跡が残ったら大変です。

皮膚がん治療の名医に診てもらいたいものです。。
皮膚がん治療の名医の探し方は、インターネット、口コミで
探したらどうでしょうか?

基底細胞癌はほくろに似ているそうですか、気になったら早めに
医者に診てもらいましょう。早期発見があなたを救います。
posted by がんドクター at 13:01| 皮膚がん 基底細胞癌